どんなワンちゃんでもたった2秒でおりこうさんに!「テレビチャンピオン子犬しつけ王選手権」連続優勝、遠藤和博の愛犬のしつけ法

犬のまつわるwiki(犬の特徴) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

■嗅覚

柴犬の鼻づら警察犬の遺留品捜査や災害救助犬の被災者探索等でよく知られるように、イヌの感覚のうち最も発達しているのは嗅覚であり、においで食べられるものかどうか、目の前にいる動物は敵か味方かなどを判断する。また、コミュニケーションの手段としても、ここはどのイヌの縄張りなのかや、相手の犬の尻のにおいを嗅ぐことで相手は雄か雌かなどを判断することでも嗅覚は用いられたりする。そのため、イヌにとっては嗅覚はなくてはならない存在である。

イヌの嗅覚はヒトの数千から数万倍とされるが、その能力は有香物質の種類によっても大きく異なり、酢酸の匂いなどはヒトの1億倍まで感知できる。嗅覚は鼻腔の嗅上皮にある嗅覚受容神経(嗅覚細胞)によって感受されるが、ヒトの嗅上皮が3-4cm2なのに対し、イヌの嗅上皮は18-150cm2ある。嗅上皮の粘膜を覆う粘液層中に分布する、「嗅毛」と呼ばれる線毛は、においを感覚受容器に導く働きをするが、イヌの嗅毛は他の動物のそれより本数が多く、長い。嗅細胞の層も、ヒトでは一層であるのに対して、イヌでは数層になっており、ヒトの500万個に対し、2億5千万から30億個あると推定されている。鼻腔の血管系もよく発達している。ヒトが顔や声について特別な記憶力をもつように、イヌは匂いについての優れた記憶力をもっている。イヌを含む動物群の鼻先のいつも湿っている無毛の部分を「鼻鏡」と呼ぶが、これもイヌのすぐれた嗅覚を保つのと同時に風の向きを探る働きをすると考えられる。

上述のようにイヌが嗅覚に優れた動物であることは事実であるが、ただし、他のさまざまな動物に比してイヌの嗅覚だけが特別に秀でているということではない。イヌ同様に探索目的での使役が多いブタ(イノシシ類)も引けを取らないと考えられているし、クマの研究者によればクマ類の嗅覚はイヌ(イエイヌ)の約7倍とされている。ゾウは嗅覚細胞の総量から言っても、能力においてイヌやクマを遥かに上回る動物として知られている。

■聴覚

イヌは聴覚も比較的鋭い。また、可聴周波数は 40-47,000 Hz とヒトの 20-20,000 Hz に比べて高音域で広い。超音波を発する笛である犬笛(約30,000 Hz)はこの性質を利用したもの。聴力において、犬種による違いはほとんどみられない

【声】

通常、犬は吠えない。 だが、腹を空かした時、または敵らしき動物(他人など)が寄ってきた場合 飼い主を守るため、自分の状況を知らせるために行うのである。

・ワンワン(吠え声) 注目『こっちよ、見て』
・ワンワンワン!(連続して吠える) 警戒『何かが起こる。みんな集合だ!』 
・クンクン、ヒーヒー(鼻を鳴らす) 依存症『早く帰ってきて』 
・ウーッウーッ(唸り声) 攻撃『来るな、近寄るな』
・キャンキャン(悲鳴) 自己防衛『怖い・・・』 
・ワォーンワォーン(遠吠え) 位置確認『ここにいるよ』

■視覚

優れた動体視力を持っており、テレビ画像などはコマ送りにしか見えない。一方、イヌの眼には、赤色に反応する錐状体の数が非常に少ないといわれ、明るいときには、赤色はほとんど見えていない可能性が高い。色の明暗は認識できるが、全色盲に近いと考えられている。信号機だけは識別できるとされていたが、実はこれも灯火の点灯順序と人間の動きを関連づけて学習していたに過ぎない事が確認されている。ネコやキツネの瞳孔が縦長であるのに対し、イヌの瞳孔は収縮しても丸いままである。


「TVチャンピオン子犬のしつけ王選手権」連続優勝!遠藤和博トレーナーの犬のしつけ法とは?

MENU

犬のまつわるwiki

当サイトに関して

DVD内容詳細

【TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座】

<発送される商品内容>
■テキスト
・マニュアル冊子:157ページ
■DVD3枚
・基本編DVD:24分59秒
・応用編DVD:57分06秒
・スペシャルDVD:1時間32分26秒

※売り上げの一部は慈善団体に寄付させていただいております。