どんなワンちゃんでもたった2秒でおりこうさんに!「テレビチャンピオン子犬しつけ王選手権」連続優勝、遠藤和博の愛犬のしつけ法

犬のまつわるwiki(出産と成長) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

メスの発情周期は7 - 8か月であるが、犬種により差がある。妊娠期間は50 - 70日。3 - 12子を一度に出産するため、乳房を左右に5対持っているのが一般的である。生誕6- 12か月目で成犬の大きさになり、その後、2- 3か月目で性熟する。 これはオオカミの2年に比べて早熟である。小型犬は成犬に達するのが早い分、性熟も早い。

■寿命

イヌは10歳になると老犬の域になり12歳から20歳程度まで生きる。ただし、犬種や生育環境によって異なり、基本的に大型犬のほうが小型犬よりも短命である。また、いわゆる座敷犬(家屋内に飼われている犬)よりも屋外で飼われている犬のほうが短命の傾向にある。一般的には、純血種よりも雑種のほうが長命である。歳を取るスピードは若いほど早く成犬となってからは緩やかとなるため、生後1年までの間はおおむね3ヵ月、2〜3年目は8ヵ月、それ以降は小型犬は1年につきヒトの4歳程度分、大型犬は6歳程度分、歳を取ると考えるとよい。 転じて、年単位で数年分に匹敵する急速に発達した科学技術(パソコン・携帯電話等)を指して「ドッグイヤー」と呼ぶことがある。

2009年現在、ギネスブックにて「生存する世界最高齢のイヌ」と認定されているのは、アメリカ合衆国ニューヨーク州に暮らすダックスフントで、同年5月6日で21歳を迎えている。

■社会性

尻を嗅ぐことでイヌは互いの強弱が分かるというイヌの特徴としてヒトと同じく社会性を持つ生き物であることが挙げられる。意思疎通をするための感情や表情も豊かで、褒める、認める、命令するなどの概念を持っている。ヒトに飼われているイヌは、人間の家族と自身を一つの群れの構成員と見なしていると考えられ、群れの中の上位者によく従い、その命令に忠実な行動を取る。この習性のおかげでイヌは訓練が容易で、古くからヒトに飼われてきた。最古の家畜とする説が有力である。子犬を入手して飼う場合には、親犬の元での犬社会に対する社会化教育と新しい飼い主と家庭および周囲環境への馴化(じゅんか)との兼ね合いから、ほぼ6週齢から7週齢で親元より直接譲り受けるのが理想的とされる。

■知能

品種によっては優れた学習能力を示す。他の犬に対して関心を示し、威嚇する行動を執る品種とそうでないものがある。他の犬への関心の示し方、攻撃性は、躾(しつけ)によっても抑えることはある程度可能である。


「TVチャンピオン子犬のしつけ王選手権」連続優勝!遠藤和博トレーナーの犬のしつけ法とは?

MENU

犬のまつわるwiki

当サイトに関して

DVD内容詳細

【TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座】

<発送される商品内容>
■テキスト
・マニュアル冊子:157ページ
■DVD3枚
・基本編DVD:24分59秒
・応用編DVD:57分06秒
・スペシャルDVD:1時間32分26秒

※売り上げの一部は慈善団体に寄付させていただいております。