どんなワンちゃんでもたった2秒でおりこうさんに!「テレビチャンピオン子犬しつけ王選手権」連続優勝、遠藤和博の愛犬のしつけ法

犬のまつわるwiki(犬と歴史・文化) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

人間と暮らし始めた最も古い動物である犬は、民族文化や表現のなかに登場することが多い。

古代メソポタミアや古代ギリシアでは彫刻や壷に飼い犬が描かれており、古代エジプトでは犬は死を司る存在とされ(→アヌビス神)、飼い犬が死ぬと埋葬されていた。紀元前に中東に広まったゾロアスター教でも犬は神聖とみなされるが、ユダヤ教では犬の地位が下り、聖書にも18回登場するが、ここでも豚とともに不浄の動物とされている。イスラム教では邪悪な生き物とされるようになった。現在でもイスラム圏では牧羊犬以外に犬が飼われることは少ないが、欧米諸国では多くの犬が家族同然に人々に飼われている。日本でも5世帯に1世帯が犬を飼っているといわれている。中世ヨーロッパの時代には、宗教的迷信により、魔女の手先(使い魔)として忌み嫌われ虐待・虐殺された猫に対し、犬は邪悪なものから人々を守るとされ、待遇は良かった。

古代中国では境界を守るための生贄など、呪術や儀式にも利用されていた。知られる限り最古の漢字である甲骨文字には「犬」が「」と表記され、「けものへん(犬部)」を含む「犬」を部首とする漢字の成り立ちからも、しばしばそのことが窺われる。古来、人間の感じることのできない超自然的な存在によく感応する神秘的な動物ともされ、死と結びつけられることも少なくなかった(地獄の番犬「ケルベロス」など)。 漢字の成り立ちとして、「犬」の「`」は、耳を意味している。


歌川国芳 『武勇見立十二支・畑六良左エ門』
1840年頃の作。南北朝時代・南朝方の武将・畑時能と彼の飼い犬。 [7]日本においては縄文時代の遺跡から埋葬された犬が見つかっており、古代日本人とともに犬を飼う習慣が日本列島に渡ってきたと考えられる。また、弥生時代の長崎県の原の辻遺跡などでは、解体された痕のある犬の骨が発見され、食用に饗されたことも窺える。『日本書紀』には日本武尊が神坂峠を超えようとしたときに、悪神の使いの白鹿を殺して道に迷い、窮地に陥ったところ、一匹の狗(犬)が姿を現し、尊らを導いて窮地から脱出させたとの記述がある。そして、『日本書紀』には天武天皇5年4月17日(675年)の条に、4月1日から9月30日の期間、牛・馬・犬・猿・鶏の、いわゆる肉食禁止令を出しており、犬を食べる人がいたことは明らかである。なお、長屋王邸跡から出土した木簡の中に子を産んだ母犬の餌に米(呪術的な力の源とされた)を支給すると記されたものが含まれていたことから、長屋王邸では、貴重な米を犬の餌にしていたらしいが、奈良文化財研究所の金子裕之は、「この米は犬を太らせて食べるためのもので、客をもてなすための食用犬だった」との説を発表した。奈良時代・平安時代には貴族が鷹狩や守衛に使う犬を飼育する職として犬養部(犬飼部)が存在した。鎌倉時代には武士の弓術修練の一つとして、走り回る犬を蟇目矢(ひきめや。丸い緩衝材付きの矢)で射る犬追物や犬を争わせる闘犬が盛んになった。 江戸幕府中期、江戸では野犬が多く、赤ん坊が食い殺される事件もあった。5代将軍・徳川綱吉は戌年の戌月の戌の日の生まれであったため、彼によって発布された「生類憐れみの令」(1685- 1709年)において、犬は特に保護(生類憐みの令は人間を含む全ての生き物に対する愛護法令)され、元禄9年(1696年)には犬を殺した江戸の町人が獄門という処罰まで受けている。綱吉は当時の人々から「犬公方」(いぬくぼう)とあだ名された。綱吉自身大の愛犬家で狆を百匹飼い、駕籠(かご)で運ばせていた。この法令が直接適用されたのは幕府の直轄領であったが、間接的に適用される諸藩でも将軍の意向に逆らうことはできなかった(ただし、この法令には戦国時代の影響の残る暴力的な気風を抑える目的があったという面も最近では指摘されている)。一般に明治以前までは農村などでは狸や狐と同様に食用とされることもあったが、食糧難の第二次世界大戦後しばらくまではその風習は各地で残り、忠犬ハチ公の子孫が盗難に遭い、食べられてしまったという記事が当時の新聞に残る。

欧米諸国では、古代から狩猟の盛んな文化圏のため、猟犬としての犬との共存に長い歴史がある。今日では特に英国と米国、ドイツなどに愛犬家が多い。世界で最古の1873年に設立された愛犬家団体である英国のケンネルクラブと1884年に設立された米国のアメリカンケンネルクラブがそれを物語っている。ヨーロッパ諸国の王家や貴族の間では、古来、伝統的に愛玩用・護衛用・狩猟用などとして飼われている。特にイングランド王のチャールズ2世およびエドワード7世は愛犬家として有名である。英国の女王ヴィクトリアはコリーなどの犬を多数飼っていた。現在の英国女王エリザベス2世も愛犬家で知られている。英国王室は今でも犬舎を所有して飼育と繁殖を行っている。プロイセン(ドイツ)のフリードリヒ大王は常に身辺に数匹のイタリアン・グレーハウンドを侍らせていた。大王はポツダムにある墓所に愛犬達とともに葬られた。政治家では歴代のアメリカ合衆国大統領に愛犬家が多い。特にクーリッジ大統領とフランクリン・ルーズベルト大統領は愛犬家として有名である。近年ではジョージ・W・ブッシュ前大統領も愛犬家。


ジョヴァンニ・ボルディーニ(en) 『レジャーヌ夫人』(1885年)犬は一般に出産が軽い(安産)とされることから、日本ではこれにあやかって戌の日に安産を願い、犬張子や帯祝いの習慣が始まるようになる。

「人間の最良の友 (Man's best friend)」と言われるように、その家族に忠実なところでプラスイメージもあるが、東西の諺や、日本語にある「犬死に」「犬侍」「犬じもの」「負け犬」などといった熟語では、よい意味で使われることはあまりない。また、忠実さを逆手にとって、権力の手先やスパイの意味でも「犬」が用いられる。また「雌犬」は女性への侮辱語として使われる。 植物の和名では、イヌタデ、イヌビエ(en)など、本来その名をもつ有用な植物と似て非なるものを指すのにしばしば用いられる。


「TVチャンピオン子犬のしつけ王選手権」連続優勝!遠藤和博トレーナーの犬のしつけ法とは?

MENU

犬のまつわるwiki

当サイトに関して

DVD内容詳細

【TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座】

<発送される商品内容>
■テキスト
・マニュアル冊子:157ページ
■DVD3枚
・基本編DVD:24分59秒
・応用編DVD:57分06秒
・スペシャルDVD:1時間32分26秒

※売り上げの一部は慈善団体に寄付させていただいております。